中古車査定のマイナスポイントを知りたい

中古車査定のマイナスポイントを知りたい

車を売ろうと思ったとき、少しでも高く買い取ってほしいものです。
では、中古車査定が低くなってしまうマイナスポイントはどんなところでしょうか。

もっとも大きなマイナスポイントは、事故を起こした車です。
ふつうは事故を起こすと、どこかかしらは破損します。
きれいに修繕したとしても形跡は残りますから、隠してもばれてしまいます。

次に、走行距離です。年式は比較的新しくても、走行距離が非常に多ければ内部に傷みがでてきますので販売のための整備に多くの手間がかかります。
そういったことからマイナスポイントになります。

他には、塗装のキズ、内装やシートのキズ・取れないシミ・汚れ、車内のニオイなどです。
最近はタバコを吸わない人も多くなったので、タバコのニオイは嫌がられます。

ペットのニオイも気を付けたいですね。
飼っている人は何とも思わないのですが、飼っていない人からすると敏感にわかるものです。

それから、流行などによってマイナスポイントになるのは車のカラーです。
スタンダードな白、シルバーはまったく問題ないのですが、明るいや目立つなどにかかわらず
特殊な色はその時の流行があります。
数年たってからでは、敬遠される可能性が高くなります。

もちろん、ありふれていないカラーの車が好みの人も多くいますが、中古車査定をする側からすれば、ニーズの低い売れにくいものはマイナスです。

それから、査定をしてもらう上で、洗車、ワックスがけ、室内の清掃を済ませておくことは基本です。