車の下取りと買い取りは何が違うのか

車の下取りと買い取りは何が違うのか

「下取り」「買い取り」どちらも似たような言葉ですが何が違うのでしょうか。

下取りは、車を購入する際、販売店に乗っていた車を引き取ってもらうことです。
査定価格がつけば、購入する車の価格からその分、値引いてもらうこともできます。

買い取りは、買い取りを行っている中古車店に、車を買い取ってもらうことです。
別に車を購入しなくとも買い取ってもらうことができます。

昔から買い替える時、販売店に今まで乗っていた車を下取りしてもらうことは広く行われていました。
下取り分として、購入する車を安くしてもらったり、査定価格がつかない場合は自分で手続きする手間が省けるので、そのまま販売店に引き取ってもらうのが一般的でした。

ところが、中古車の流通が当たり前になり、中古車販売を行っている会社が新規購入に関係なく買い取るようになりました。
買い取り専門の業者もあります。

最近では、買い替える際、下取りに出すのではなく買い取り業者に買い取ってもらう人も増えました。

賢く利用するには、下取りがある場合と、ない場合の見積もりをもらい、買い取り業者には別に査定金額をだしてもらって検討するのがおすすめです。

別々の会社とやり取りをする手間が増えますが、それで数万円も違いがあるのなら、オプション装備を増やしたりできるのでお得ではないでしょうか。

ただ、さんざん乗り倒した車は、買い取りの見積もりをだしてもらうという手間をかけずに、ただで販売店に下取りしてもらう方が得策です。